W o r k s P a y の 使 い 方

カレンダー予約の追加方法
1. WorksPayにログインします
2. バスケットの詳細画面を開きます
バスケットのボタンをクリック
ホーム画面の「バスケット」ボタンをクリックして、バスケット管理画面を開きます。
次の手順
スケジュールを追加したいバスケットをクリック
バスケットの一覧から、カレンダー予約に日程(スケジュール)を追加したいバスケットをクリックして、バスケットの詳細画面を開きます。

カレンダー予約機能を利用できるのは、「通常決済バスケット」のみです。
次の手順
バスケットの詳細画面
3. カレンダー予約管理の画面を開きます
バスケットの詳細画面で「カレンダー予約」ボタンをクリック
バスケットの詳細画面で「カレンダー予約」ボタンをクリックします。
次の手順
カレンダー予約管理の画面
バスケットの詳細画面と同じようなボタンが、カレンダー予約管理画面にも用意されておりますが、 これらのボタンは予約ページへのアクセスをサポートするために設けられたもので、 バスケットの詳細画面に設けられているボタンによってアクセスされるページとは異なりますので、 お支払い者へ周知する際はご注意ください。
4. スケジュールを作成します
カレンダー予約管理の画面で「スケジュール追加」ボタンをクリック
カレンダー予約管理画面で「スケジュール追加」ボタンをクリックします。
次の手順
「開始時間」と「終了時間」を入力
追加するスケジュールの「開始時間」と「終了時間」を入力します。

開始時間とは異なる「入場時間」をお支払い者に伝えたい場合は、 バスケット本体の<メッセージ>欄を適宜ご利用されるのがオススメです。
次の手順
「予約締切」時間を入力
予約を締め切る時間を入力します。
次の手順
「定員」と「単位」を入力
予約の定員数を設定します。
例えば、
10名を定員として設定する場合は、<定員>欄に「10」と入力し、<単位>欄に「名」と入力します。
5組を定員として設定する場合は、<定員>欄に「5」と入力し、<単位>欄に「組」と入力します。

1組や1グループが何名までなのかを伝える際は、バスケット本体の<メッセージ>欄を使うと良いでしょう。
次の手順
「予約上限」数を入力
1回の予約で申し込める上限の数を入力します。
1つのアカウントから同じ日程に対して複数回の予約はできませんので、1人のユーザー(予約者)が申し込める上限数ということになります。
次の手順
スケジュールの作成完了
以上の入力内容を確認し、「作成」ボタンをクリックするとスケジュールの追加作業は完了です。
5. スケジュールリストに追加されます
スケジュール一覧
スケジュールの作成が完了しますと、カレンダー予約管理画面のスケジュール一覧に日程が追加されます。
次の手順
スケジュールの予約状況
スケジュール一覧から日程をクリックすると、スケジュールの予約状況を確認することができます。
6. 予約ページの確認
予約ページを確認する
カレンダー予約管理画面の「実際の予約ページを確認」ボタンをクリックして、お支払い者(ご予約者)からどのように見えているかを確認することができます。
次の手順
予約ページの確認
お支払い者(ご予約者)が予約ページにアクセスすると、上記のように日程の一覧が表示され、希望する日程を選んだ後に予約数を指定して決済を行う流れになります。
日程一覧の画面は、お支払い者(ご予約者)がWorksPayにログインしていない状態でも表示されます。
次の手順
日程が満員
予約数が定員数に達し満員となりますと、その日程は色が暗くなってクリックできないようになり、新規予約を受け付けなくなります。